Categories
Search

Archive for 1月, 2015

安定した資金づくりが可能な変額年金

金曜日, 1月 23rd, 2015

日本では、すでに65歳以上の人が人口の4分の1を超えるようになったことから、少子高齢化が確実なものとなっています。このような状態では、公的年金支給額が減るようになり、年金支給年齢についても上昇するようになることから、老後の生活においてはゆとりある資金づくりができないといわれています。そのことから、今後は、老後の生活において満足できる年金づくりが求められるようになっているのです。

年金づくりとしては、最近、注目されているものに個人年金があります。個人年金では、生命保険会社が扱っている個人年金保険があり、この年金保険では、将来において受け取れる年金額が決まっているため、公的年金を補ってくれる方法として活用されるようになっています。

しかし、定額で年金をつくる個人年金保険は、将来の物価上昇に対応できないため、公的年金のようにインフレ状態になっても対応できる変額年金の活用が増えているようです。変額年金は、将来において物価が上昇した場合でも、インフレ時の資金運用益が活用されるようになるとされています。そのことから、老後においては、安定した資金づくりができるものとして活用が期待されるようになっています。

変額年金に関する注目記事をご紹介します。
「将来インフレになっても安心の変額年金」http://www.cohoshike.com/
よく読まれているコンテンツです。

なぜ積立貯金が初心者向きとされているのか

日曜日, 1月 11th, 2015

積立貯金は様々な金融商品の中でも比較的初心者向けのものとされています。なぜかと言えば、積立貯金は余計な事を考える必要が無いからとされています。投資、保険といった金融商品は自分自身で考えなければなりませんし、いろいろと情報を集めなければならないものです。どのような仕組みなのかをしっかりと理解した上で実践したり選択しなければならないものなのですが、積立貯金に関しては余計な事は考えなくて良いのです。毎月定められた額を貯金していれば良いのです。それでいて普通貯金よりも利率が良いのです。

このような特徴を考えた時、積立貯金が初心者向きとされているのも頷ける話しなのではないでしょうか。実際問題、積立貯金は決して難しいものではありません。高度な金融・経済知識が必要なものではありません。それでいて普通貯金よりも利回りがよく、投資のようにリスクのあるものでもありませんし、保険のように複雑なシステムとなっているものでもありません。これらの事を勘案すると、初心者向けとされているのも頷ける話しです。
普通に貯金しているだけでは何となく勿体無いと感じている人も多いかと思われますが、そのような人は積立貯金を行ってみるのも良いかもしれません。