Categories
Search

Archive for the ‘投資全般’ Category

これからの資産づくりに最適な積立投資

水曜日, 4月 22nd, 2015

日本は、バブル崩壊から景気が悪い状態が続いています。そのことから、銀行の金利が低く、株への投資についても十分ではないとされてきました。資金づくりでは、効率よく行なったほうがよいとされていますが、アベノミクス効果は一時的な景気回復を見せながらも緩やかに景気回復に向かっていることがわかるようになっています。

しかし、低金利、金価格、株価が不安定な状態では、満足いくような資金を作るということにはならないでしょう。そこで、満足できる投資を行なうためには、預金や株、金ではなく、もっと高い利益が得られる投資が好ましいとされています。

投資は、一般的にリスクが高いとされ、日本で行なう人は少ないといわれていますが、身近な投資方法として積立投資があります。この投資方法は、毎月コツコツと投資を行なって大きな利益を得る方法で、比較的にリクスが少なく、安定した利益が得られる方法として人気が高まっています。

また、この投資には、海外積立投資といった方法があり、この投資においては、優良な海外ファンドを活用して投資を行なうことから、国内の投資よりも利益が期待できるとされています。そのことから、今後は日本で積立投資を行なう人が多いとされているようです。

老後の安心をつくる海外投資

土曜日, 2月 28th, 2015

老後の生活資金においては、公的年金に頼るといった人が多いとされています。しかし、今後、少子高齢化が進むようになると、今よりも公的年金の支給額が少なくなってしまうといわれています。

将来、このような状態になってしまうと、生活は大変なものとなります。そのことから、自分で年金づくりを行ない、老後の生活資金を十分に蓄えなければならないとされています。

この資金づくりとして今、投資が注目されるようになっています。投資は、大きな資金づくりに最適なものとされ、今後の資金づくりとして行なう人が増えているようです。しかし、投資は、資産を失うほどのリスクがあることが問題となっているため、投資においては、比較的にリスクが少ないとされている積立投資への関心が高まるようになっています。

積立投資は、毎月コツコツと投資を行なうことによって、安定した資金を作りだすことができるようになるといわれています。積立投資であるなら、無理なく、少ない投資でも長く続けることにより大きな資産がつくれるようになるとされています。

特に海外ファンドを活用する海外投資では、より高い利回りが期待できるようになるといわれています。海外積立投資では、投資利益に対する課税率が少ない地域で行なうオフショア投資の活用によって高い利益を得ることができます。そのことから海外投資は、今後、資産づくりに最適といわれています。

安定した資金づくりが可能な変額年金

金曜日, 1月 23rd, 2015

日本では、すでに65歳以上の人が人口の4分の1を超えるようになったことから、少子高齢化が確実なものとなっています。このような状態では、公的年金支給額が減るようになり、年金支給年齢についても上昇するようになることから、老後の生活においてはゆとりある資金づくりができないといわれています。そのことから、今後は、老後の生活において満足できる年金づくりが求められるようになっているのです。

年金づくりとしては、最近、注目されているものに個人年金があります。個人年金では、生命保険会社が扱っている個人年金保険があり、この年金保険では、将来において受け取れる年金額が決まっているため、公的年金を補ってくれる方法として活用されるようになっています。

しかし、定額で年金をつくる個人年金保険は、将来の物価上昇に対応できないため、公的年金のようにインフレ状態になっても対応できる変額年金の活用が増えているようです。変額年金は、将来において物価が上昇した場合でも、インフレ時の資金運用益が活用されるようになるとされています。そのことから、老後においては、安定した資金づくりができるものとして活用が期待されるようになっています。

変額年金に関する注目記事をご紹介します。
「将来インフレになっても安心の変額年金」http://www.cohoshike.com/
よく読まれているコンテンツです。

海外投資を税金対策として行う

金曜日, 12月 5th, 2014

投資には様々な種類があります。そのなかで敢えて海外投資を選ぶのにはどういった理由があるのでしょうか?海外投資のメリットとして一つ挙げることが出来るのが、日本国内の増税事情によって影響を受けにくいということがあります。投資先が海外であれば、当然ながら税金の法律は海外のものが適用されることになります。取引の一部には税金が掛かりますが、全体への影響は少くて済むということです。

また、日本は国債の消化が日本国内でほとんど行われているため、経済の影響がそれほど大きくないというメリットがあります。ただ、これを支えている個人金融資産は減少傾向になってきているのです。そのため、もしかすると今後日本の経済状況がより悪化してしまう可能性があります。そうなると、お金を持っていることが多い投資家というのは真っ先に課税対象となるでしょうから、当然そういった自体に備えて置かなければなりません。

その方法の一つとして、海外投資というのは有用な方法です。実際に海外投資をしている人のなかには節税を目的としている人も多いので、新たに海外投資を考えている人もそういったことを視野に入れながら投資の仕方について考えていくと良いでしょう。

今だからこそNISAに対する正しい知識が必要

木曜日, 11月 20th, 2014

一時期大きな注目を集めていった、NISAですが、このNISAを利用する人が増えていく一方で、NISAに対する不満なども増えてしまっていることになります。

CMや広告などから知られていき、大きな人気を得て、そして利用していく人が増えていったなか、不満を抱く人が増えていくことが多くいる状況であるからこそ、適切な理解、正しい知識というのが必要になると言えるでしょう。
今だからこそこのようなNISAに対しての新しい理解、正しい全体像に関しての理解が必要になると言えます。

安易に表面上だけの情報だけで手を出してはいけないということであり、正確に把握し、適切に理解をしていき奥底まで内容を知っていくことが重要ということになります。
これはNISAだけではなく全ての投資で必要になる考え方です。このような考え方を持っておかないとほとんどの投資で失敗、損をしてしまいます。
自身で気をつけておかないと、これはできないことであり、他の人に頼ってしまうことで意識ができないことになります。
自分で投資をしっかりと行なうことを意識し、NISA含めて、自己責任で行なう必要があります。
そうすれば正しい投資に繋げて行ける可能性もあるでしょう。

NISAに特化したニュースサイト
最新情報が得られるのでお勧めです。

むしろ国内だけでの投資の方がリスクは高い

金曜日, 11月 7th, 2014

海外投資というと、それだけで避けてしまう人も多いのではないでしょうか。海外も投資も、いずれも日本人にとってはハードルが高いもののように思われるためです。そこでここでは、海外投資がそれほどハードル高い存在ではない、ということについて簡単に紹介していきたいと思います。

日本国内でも、海外の証券を購入することは可能です。むしろ、投資を行うのであれば日本国内のものだけに投資するのではなく、いくつかの国のものに投資をした方がリスクコントロールを考えた時にも高い効果があるのです。というのも、一箇所の国だけに投資を行う場合、その国の状況によっては一気にその価値が失われてしまう可能性があるためです。日本は比較的安定している市場であるとはいえ、その可能性がないとも言い切れません。

海外投資として資産を分散するのであれば、成長性のありそうな国と、安定性の高い国という役割を分担しつつ考えていくのが重要となります。すべてを成長性のありそうな国にするとリスクが高まり、安定性の高そうな国にするとリターンが奮いません。リスクとリターンの関係を見極めて、丁度良いバランスになるように投資先を分散してコントロールすることが重要になります。

少額でも大きな資金づくりができる投資信託

日曜日, 10月 26th, 2014

バブルが崩壊してから日本は景気があまりよくない状態が続いています。金利が低い状態は、もう20年にもなることから、銀行に預金を行なっても満足できるような資金づくりができなくなっているとされています。

日本では、近年、年金不安が高まるようになっています。そのことから、将来の年金問題を解決するためにも、資金づくりが必要とされています。最近、効果的な年金づくりを行なう方法として、投資への関心が高まるようになっています。投資であるなら、効率よく資金づくりができるため、人気が上昇しています。

しかし、投資はリスクが高いことから、今まで一般の人はあまり行なっていませんでした。最近は、投資リスクを低くする積立投資などがありますが、投資専門家の投資ファンドを活用して資金づくりを行なう方法が期待されるようになっています。

投資信託では、不動産や株、金融派生商品に投資を行なって利益を上げる方法です。これは、自分で行なうよりも効果的に利益が得られることが特徴とされています。この方法であるなら、少ない資金でも大きな資産がつくれるようになるとされています。そのことから、投資信託は、効果のよい資金づくりとして活用が期待されるようになっています。